両親の離婚を経験している子どもたちへ。 お父さんとお母さんが離婚をしたのは何故なのか知りたいなら、あなたの自分のその目で確かめてごらんなさい。 お父さんからの話しを聞いても、お母さんからの話しを聞いても、どちらも間違いではなく、正しくもないのです。 何故ならば、お父さんとお母さんは、一人一人違う人間ですから、同じものを見ているのに考え方も、感じ方も、捉え方も違うからです。 そして、あなたも同じです。あなたも1人の人間です。 お父さんでもなく、お母さんでもありません。あなたは、あなたです。 だから、あなたが、あなた自身で感じたことが、お父さんとお母さんの離婚の理由です。 もしも、お父さん、お母さんを嫌だなと想ったならば。自分自身に問うてごらんなさい。 自分は、それほど素晴らしい完璧な人間ですか?と。 お父さんもお母さんも同じです。完璧な人間など、おりません。 ただ、確かなことだけはあります。 それは、お父さんもお母さんも、あなたを愛しているということです。 生まれてきてくれて本当にありがとう。最高の喜びを与えてくれたあなたに、お父さんもお母さんも心から感謝しています。 愛するあなたを抱きしめます。 たとえ、いま、あなたの傍にいられないとしても、あなたを心の中で抱きしめています。 忘れないでください。 お父さんもお母さんも、あなたのお父さんとお母さんであるということを。 あなたの命に連なるのだということを。

2009年07月12日

両親の離婚を経験する子どもたちの遊び場サークル『結yui』、無事、修了♪

第一回目の子どもたちの遊び場サークル『結yui』が、無事に終わりましたヾ(@^(∞)^@)ノ

どんな感じだったかといいますと。。。

蓋を開けてみたら、子どもさんたちは誰も来ず・・・・A=´、`=)ゞ

幼少期に両親の離婚を経験された大人の女性が一名の参加でした。

でも、両親の離婚を経験された子どもの立場としての、とても貴重なお話を伺うことができましたо(ж>▽<)y ☆

以下は、遊び場『結yui』の記録画像としてご協力いただいた写真です。

o0320024010212352884.jpg

まず、初めに名札を作っていただきました。

これは、名前が自分のアイディンティテーの重要な要素だということを理解していただく意味があります。書き方は縦でも横でもご本人の自由です。

この名札作りを通して、彼女から静かに語られる言葉は、私が想像していた以上のものでした。

子どもの声が聞けました(´_`。)


o0320024010212129561.jpg

次は溢れだした想いのまま、風船を膨らませていただいて、

o0320024010212129348.jpg

親からの不本意な発言、否定的な言葉、否定的なレッテル、否定的な評価などを書き出していただきます。

それを紐で縛って吊るします。

o0320024010212346813.jpg

割りますどんっ(衝撃)

o0320024010212129135.jpg

題して『偏見なんてぶっとばせっパンチ』です。

親からのマイナスな言葉がけは、子どもをひどく苦しませ、落ち込ませます。

そうした子どもの負担を軽くし、自尊心の強化を促すことを目指します。

o0320024010212127994.jpg

最後は『プレゼント箱をいっぱいにしよう』です。

子どもの自尊心を強化することが目的です。

o0320024010212128477.jpg

プレゼントの中身は、その子以外の子どもたちが、その子に言えるありとあらゆる誉め言葉で満たしていきます。

もらった子どもが落ち込んだ気分になったときには、この小箱に書いてある言葉を読みかえすだけでも、大きな助けとなります。

o0320024010212119567.jpg

人間は、たとえそれが明らかにお世辞だとしても、誉められたりすると悪い気がしないものです。

今回、子どもたちの遊び場サークル『結yui』を実践して思ったのは、大人でも子どもでも関係なく、自尊心を強めていただける効果があるということです。

子どもたちの遊び場サークル『結yui』は子どもが主体だけど、幼児期に両親の離婚を経験された大人の皆さんにも是非、助っ人という形で参加していただきたいと思います。

三つのカリキュラムで約3時間半の時間が、あっという間に過ぎてしまいました。その中で聞こえてきた子どもの声を、もっと多くの方に聞いていただきたいと思いますヾ(@^▽^@)ノ

今後、このサークルは定期的に行っていきます手(チョキ)

いよいよ、本日、両親の離婚を経験する子どもたちの遊び場サークル『結yui』開催です♪

o0320024010211521878.jpg

いよいよ、本日、両親の離婚を経験する子どもたちの遊び場サークル『結yui』を開催しますヾ(@^(∞)^@)ノ

昨日、遊ぶ物を手作りしました。上の写真が、その一つです。

どうするかというと、

o0320024010211521731.jpg

こうなります。

それで、どうなるの??は、参加してからのお楽しみです( ´艸`)

ということで、もう一度、告知します音譜

NPOびじっと・離婚と子ども問題支援センターは、新しい子育て支援として、両親の離婚を経験する子どもたちの遊び場『結yui』を始めます。

多くの子どもたちは、自分の両親の離婚について人に話そうとはしたがりません。離婚の話を聞くと他人はタブーに触れてしまったとばかりに謝り、可哀想な子どもという目で見てしまいがちです。ですから離婚は子どもたちにとって罪深いことであり、同時に離婚の話しをしてしまうことで両親に迷惑をかけてしまうのではないかという漠然とした不安を覚えます。

そしてまた、幼ければ幼いほど、両親が離婚したのは自分自身が悪いからだという自責の念に駆られてしまいがちです。子どもは両親の離婚を止めることができない自分自身に無力感を感じ、自分は見捨てられたという思いから自尊心を喪失してしまうこともあります。そうしたなかで、子どもたちが成人しても社会生活に馴染めない理由として、『親の無関心のなかで育ち「また誰かに嫌われる」と自分に自信を持てず、将来への希望が見いだせないでいる』という悲観的な言動をとるようになります。

そこで、NPOびじっとでは、両親の離婚を経験する子どもたちの健全な自尊心の基盤として、自分の自己同一性(アイディンティティー)を見出させ、自分の家族や親族に依拠せずに、自分を1人の人間として見ることができるようにすることを大きな目的とした、子どもたちの遊び場『結yui』を開始することになりました。遊戯、工作、読み聞かせ、メディテーション、自己理解など、様々な実践を行います。子どもたちは、大いに楽しみながら、自分自身の心と対面し、両親の離婚を自分自身で乗り越えていけるようになり、新しい子育て支援として大きく注目されることが間違いないものと皆さまに確信していただけます。

*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:

開催日時:H21年7月12日(日) 

場所:千葉市ハーモニープラザ内
   千葉市女性センター 研修室A2

時間:13時から16時まで

参加費:無料
(印刷代などの諸経費については別途、お支払いいただきます)

当日、1階の案内電光掲示板に【NPOびじっと・子どもの遊び場『結yui』】と表示されていますのでご確認ください。

*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:

開催場所が、きぼーる子ども交流館から千葉市女性センターに変更されていますので、お間違いのないようお願いいたします(。-人-。)

なお、子どもたちの遊び場なので保護者の方は参加できません。予めご了承置きください。

千葉市女性センターまでのアクセス
◎電車利用の場合
・京成電鉄千原線「千葉寺駅」下車、徒歩6分
◎バス利用の場合
・JR千葉駅東口2番バス停から千葉中央バス(県庁・星久喜台経由)「千葉リハビリセンター行」「誉田駅行」「鎌取駅行」「大宮団地行」「白旗行」等、(県庁・青葉病院経由)「中央博物館行」に乗車し、「ハーモニープラザ」下車(1時間に8〜13本)
・JR蘇我駅東口2番バス停から「大学病院行」に乗車し、「ハーモニープラザ」下車(1時間に2〜3本)

<本件に関するお問い合わせ>
TEL:090-9806-1729
NPOびじっと・離婚と子ども問題支援センター
横浜市中区本町エクセレントZ 304 MGサービス内

皆さん、是非、お子さんを連れて遊びに来てくださいネ揺れるハート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。