両親の離婚を経験している子どもたちへ。 お父さんとお母さんが離婚をしたのは何故なのか知りたいなら、あなたの自分のその目で確かめてごらんなさい。 お父さんからの話しを聞いても、お母さんからの話しを聞いても、どちらも間違いではなく、正しくもないのです。 何故ならば、お父さんとお母さんは、一人一人違う人間ですから、同じものを見ているのに考え方も、感じ方も、捉え方も違うからです。 そして、あなたも同じです。あなたも1人の人間です。 お父さんでもなく、お母さんでもありません。あなたは、あなたです。 だから、あなたが、あなた自身で感じたことが、お父さんとお母さんの離婚の理由です。 もしも、お父さん、お母さんを嫌だなと想ったならば。自分自身に問うてごらんなさい。 自分は、それほど素晴らしい完璧な人間ですか?と。 お父さんもお母さんも同じです。完璧な人間など、おりません。 ただ、確かなことだけはあります。 それは、お父さんもお母さんも、あなたを愛しているということです。 生まれてきてくれて本当にありがとう。最高の喜びを与えてくれたあなたに、お父さんもお母さんも心から感謝しています。 愛するあなたを抱きしめます。 たとえ、いま、あなたの傍にいられないとしても、あなたを心の中で抱きしめています。 忘れないでください。 お父さんもお母さんも、あなたのお父さんとお母さんであるということを。 あなたの命に連なるのだということを。

2009年08月23日

『離婚は、子どもにとっても一大事!〜離婚するパパ、ママ、子どもたちの気持ちに耳を傾けて〜』終了♪

画像 017.jpg

弾幕.jpg

受付.jpg

講師陣.jpg

シンポの様子2.jpg

シンポの様子3.jpg

渡井さゆり氏.jpg

『NPO法人 社会的養護の当事者参加推進団体 日向ぼっこ』 渡井さゆり代表

渡井さんは幼児期に両親の離婚後、実母に連れられ住まいを転々とした後、母子生活支援施設(なんらかの事情で母子世帯になり、生活や子どもの養育が難しくなったときに母と子どもが入所する施設)と二ヵ所の児童養護施設(なんらかの事情で親と一緒に暮らせなくなった子どもが入所する生活施設)で育ちました。

転校先の学校でお友達に渡井さんが引越しが多いと話すと、「お父さんの転勤?」とよく聞かれました。内心、「ああ、やっぱり自分みたいなのは、普通じゃないんだ」と落ち込みつつも、「そんな感じです」と答えていたそうです。

渡井さんは「社会的養護」のもとで育ちました。社会的養護とは、まだまだ聞きなれない言葉ですが、なんらかの事情で家庭での養育・保護が得られない子どもを社会で養育・保護する仕組みのことです。

渡井さんは施設にいた頃、ひとりぼっちの感覚がずっと拭えず、まわりにある、あたたかいものに気付いたとしても安心するのが怖かったのだそうです。「どうせまた離れていくだろう」「どうせうわべだけだろう」「本当に困った時には、きっと助けてくれないだろう」。そう思ってぬくもりに触れることに怯えていたそうです。

そして、心はいつもひとりぼっちで苦しい状態でした。何のために生きていくのかがわからず、しんどい日々を過ごされていたと著書『施設で育った子どもたちの居場所「日向ぼっこ」と社会的養護』のなかで綴られています。

「産んでくれただけで親に感謝している」という人がいますが、渡井さんはずっとそう思えずしんどかったそうです。「産みたくないなら、育てたくないなら、邪魔なんだったら、産まないでほしかった」。ずっとそう思われていたそうです。

「自分自身も生きたいわけではないのに、なんで生きていかなくてはならないのだろう。かといって死んでも人に迷惑がかかる。・・・・・生きるも死ぬも人に迷惑をかけないためか、早く死ねたらいいのにな」。

児童養護施設退所後、渡井さんは時折そんな苦しみにおそわれていましたが、そんな思いにとらわれなくてすむよう、「一緒に生きてくれる人」の存在を感じたかったのだそうです。


施設で育った子どもたちの居場所 「日向ぼっこ」と社会的養護

施設で育った子どもたちの居場所 「日向ぼっこ」と社会的養護

  • 作者: 社会的養護の当事者参加推進団体日向ぼっこ
  • 出版社/メーカー: 明石書店
  • 発売日: 2009/06/19
  • メディア: 単行本





自分たちが、されて嫌だったことが繰り返されないように、声をあげる術を知らない人たちが声をあげられるように、そして、社会的養護のもとに育ち、苦しみを抱えている人たちが「生きているって悪くないな」と思えるように、渡井さんは活動されています。

棚村政行教授.jpg

『早稲田大学大学院法務研究科教授・弁護士法人早稲田大学リーガル・クリニック弁護士』 棚村政行先生

なんらかの事情で家庭での養育・保護が得られない子どもを社会で養育・保護する仕組みを社会的養護と言います。

離婚は夫婦が別れることです。しかし、離婚する夫婦に未成年の子どもがいた場合、両親の離婚を経験した子どもたちのその後がどうなるのかということは、あまり、意識されてこなかったように思います。子どもを育てるのが親の役目。ですから夫婦が別れたとしても、子どもは親が責任を持って育てるのが当たり前だという概念があるのかもしれません。

けれども現実には親元ではなく、児童養護施設で暮らす子どもたちの姿があります。

『自分は生まれてこなければよかった』
『自分はいらない存在なんだ』
『自分は何のために生きているのかがわからない』

このように自分自身の存在意義を見失ってしまっている子どもたちが、社会的養護を受けています。では、なぜ、両親の離婚を経験した子どもたちは社会的養護が必要となるのでしょうか?

今回は棚村政行教授に、いまの日本の家族法からみた両親の離婚を経験するする子どもたちが置かれている実情と、子どもたちに社会的養護が必要となってしまう問題点を諸外国の家族法とも比較して、日本の家族法の課題と、これからの展望を教えていただき、いま一度、親子の在り方について皆さんと考える時間を頂きました。

パワーポイント.jpg

シンポの様子.jpg

実際に社会的擁護を体験された渡井さんを前に棚村先生が、

白熱!!

されていました。

棚村先生が、あんなに熱く語られた姿に、私は感動してしまいました(〃∇〃)

今回のシンポジウムは、思っていた以上の来場者数で本当に感動るんるん

一番若いお客様は、生後7ヶ月の男性でした( ´艸`) 

それにしても女性の姿が多かったのが印象的でした。

ふふふ。。。

世論は確実に【離婚後も共同育児】に変わってきていると私は思っちゃうな揺れるハート

このシンポジウムで新たな御縁もいただけて、びじっとの子育て支援は多くの皆さまの御支援により、益々、充実したものとなりそうです。

わくわくしちゃうね(≧▽≦)

これからも、応援を宜しくお願いいたしますハートたち(複数ハート)
posted by yui at 23:00| Comment(0) | NPOびじっと関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。